【自動車整備】キュルキュル音の正体と修理について

自動車

駐車場で時折キュルキュルと音をさせている車(多くは軽のワゴンタイプ)を見ることがあります。実は放っておくとエンジンがかけられなくなる可能性もある、車からの助けを求める声かもしれません。エンジンをかけた時になるキュルキュル音の正体とその修理について、まとめました。

キュルキュル音の正体

エンジンをかけた時にキュルキュル音が鳴る原因の多くは、Vベルトが劣化して滑り、「鳴き」が発生していることによって起こります。

Vベルトとは何なのか

Vベルトはエンジンの外部についていて、オルタネーター(発電機)、パワステポンプ、エンジンスターター、ウォーターポンプなどの補器類を動かすために使われるベルト状の部品です。エンジンを観察すると、色々な部品のプーリーに掛けられたベルトが見えます。これがVベルトです。

Vベルトの交換時期

使用状況によって変わりますが、Vベルトの交換時期は5万キロごとが目安です。それ以上の使用も出来ますが、Vベルトが切れてしまうとパワステが効かなくなったり、冷却水が循環できないのでオーバーヒートしたり、エンジンが掛けられなくなったりします。特に走行中に切れてしまうと事故につながるので、早めの交換を心がけるべきです。

キュルキュル音はVベルトの交換サイン

エンジンを掛ける際にキュルキュル音がするのは、Vベルトが劣化してしまい滑ってしまうためです。Vベルトは摩擦力でプーリーを回転させるので、劣化によって表面がツルツルになると上手く力を伝えることが出来ません。

そのまま放っておくと、バッテリーが上がりやすくなったりエアコンの効き目が悪くなったり、水温が上がりやすくなったりしてきます。そうなるとほかの部位にも影響が出て、結果として修理費が高くなってしまいます。

Vベルトの交換

Vベルトの交換費用

Vベルトの交換は、Vベルトの交換本数や作業難易度によって変わりますがおおむね5,000円から15,000円程度です。

Vベルトの交換作業時間

これもVベルトの本数や作用難度によって変わりますが、1時間程度での作業が一般的です。

DIYで交換する場合

車種によっては自分での交換も簡単に行える場合もありますが、エンジンルームがギチギチに詰まっていたり、Vベルトにアクセスするために部品を外さなければいけなかったりと、と日用工具では手も足も出ない場合があるので、調べてみると良いと思います。

【まとめ】普段しない音がしたら不調の合図

車は動いている時に色々な音を出しています。エンジンの音、道路を走っている時のタイヤの音、ミッション、クラッチ、ブレーキ、アクセルなどなど、色々なところから音を出しています。Vベルトのキュルキュル音に限らず、音は異常を早期に発見できる大切な情報源です。たまには音楽を止め、車と対話しながら走ってみてくださいね。

ブログランキングに参加しています。良かったらボタンをクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ カーライフへ
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました