【生活雑感】万年筆カクノは手軽に万年筆を楽しめる

生活
Photo by Omar Al-Ghosson on Unsplash

万年筆を使って文字を書こうと思ったことはありませんか?万年筆はボールペンの様な使い勝手はありませんが、独特の紙を引っかくような書き心地はクセになってしまう心地よさです。しかし、万年筆は何万円もするような高価なものだというイメージがあると思います。

私が使っているパイロットのカクノという万年筆は、安くて使い勝手がいい、万年筆という筆記用具を試すにはちょうどいいアイテムです。今回は、カクノについて使い心地などを紹介したいと思います。

なぜ今万年筆?

 正直言って今、万年筆が必要なシーンはありません。特に契約書などは感圧紙が主になり、筆圧の掛からない万年筆は使用しづらいです。それにも拘らず万年筆を使おうと思ったのは、「なんか万年筆使ってるのってかっこよくね?」という気持ちからです。

万年筆の特徴

Photo by Laura Chouette on Unsplash

筆圧を調節しやすい

万年筆はボールペンのように一定の太さではインクが出てきません。かける筆圧によって、線の太さを自在に調節することが出来ます。

向きによって線の太さが変わる

万年筆は刻印のある面を上にして書くのが基本ですが、ペンを傾ける角度などを変えることによって線の太さや書き味を変えることが出来ます。

インクの色がたくさんある

万年筆はインクをカートリッジや吸入することによって補充します。補充するインクの色を変えることで一つの万年筆でも様々な色を楽しむことが出来ます。

万年筆を気軽に楽しめる「カクノ」

カクノの基本情報

カクノは、パイロット社の製造、販売する万年筆です。万年筆としてはエントリーモデルにあたり、小学生から万年筆に親しんでもらえるようにというコンセプト作られています。

ペン先には色々な表情の顔がプリントされ、転がり落ちないように三角形の造形をしているなど、子供でも使いやすいように工夫が凝らされています。

カクノの使い心地

カクノの使い心地を書いていきます。まず柄が握りやすく、持ち方が自然になりやすいです。書き味はボールペンに近く、初めての万年筆としては違和感なく使い始める事が出来ます。インクはペンに付属してカートリッジ式のブラックインクが一本付属しているほか、パイロットのカートリッジ式インクとコンバータを使用できます。

私は初めはブラックカラーのカートリッジを使っていましたが、今はコンバータを使ってブルーブラックというインクを使っています。また、カクノの使い心地がとてもよかったので、もう二本購入してそれぞれ赤と青のインクを購入して使っています。

カクノで万年筆を楽しもう

万年筆カクノは、カジュアルな見た目とカートリッジ式インクの取り扱いの簡素さによって、万年筆を初めて使う方や、可愛い見た目の文具が好きな方にはお勧めできる万年筆です。

万年筆のイメージにありがちな面倒な手入れなどは普段使いしていればほぼ必要ありませんし、手間のかかるものほど愛着がわくものです。ボールペンが主流になっている今だからこそ、一本のペンと長く付き合える万年筆を使ってみるのも楽しいかもしれません。


ブログランキングサイトに登録しています。よかったらバナーをクリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました