万年筆「カクノ」の使い心地

 万年筆を使って文字を書こうと思い立ってから約一か月がたちました。今、私が使っているパイロットのカクノという万年筆について使い心地などを紹介させていただきます。

なぜ今万年筆?

 正直言って今、わざわざ万年筆が必要なシーンはありません。特に契約書などは感圧紙が主になり、筆圧の掛からない万年筆は使用しづらいです。それにも拘らず私が万年筆を使おうと思ったのは、「なんか万年筆使ってるのってかっこよくね?」というミーハーな気持ちからです。

 安価な万年筆を求めていろいろな店をまわりましたが、現在はパイロットの「カクノ」という万年筆を使用しています。

カクノ

概要

 カクノは、パイロット社の製造、販売する万年筆です。万年筆としてはエントリーモデルにあたり、小学生から万年筆に親しんでもらえるように作られています。ペン先には色々な表情の顔がプリントされ、転がり落ちないように三角形の造形をしているなど、子供でも使いやすいように工夫が凝らされています。

使い心地

 使い心地としては、まず柄が握りやすく、持ち方が自然になりやすいです。書き味はボールペンに近く、初めての万年筆としては違和感なく使い始める事が出来ます。インクはペンに付属してカートリッジ式のブラックインクが一本付属しているほか、パイロットのカートリッジ式インクとコンバータを使用できます。私は初めはブラックカラーのカートリッジを使っていましたが、今はコンバータを使ってブルーブラックというインクを使っています。また、カクノの使い心地がとてもよかったので、もう二本購入してそれぞれ赤と青のインクを購入して使っています。

まとめ

 「カクノ」万年筆は、カジュアルな見た目とカートリッジ式インクの取り扱いの簡素さによって、万年筆を初めて使う方や、可愛い見た目の文具が好きな方にはお勧めできる万年筆です。万年筆のイメージにありがちな面倒な手入れなどは普段使いしていればほぼ必要ありません。ボールペンが主流になっている今だからこそ、一本のペンと長く付き合える万年筆を使ってみるのも楽しいかもしれませんよ?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました