ルーミー試乗記

 先日、代車で乗る機会のあったトヨタ ルーミーについて乗ってみた感想を書いてみようと思います。

感想

 ルーミーはトヨタ自動車の販売するコンパクトトールワゴンです。ダイハツ自動車のトールをベース車両として、トヨタ及びスバルにOEM供給されています。今回乗車したのは2WDのNA仕様でしたが、山道の上り下りを中心に乗ってみた感想をお伝えしようと思います。

外観

印象

  外観の第一印象は大人しいイメージです。試乗車の色がブラムブラウンクリスタルマイカ(深い茶色)だったので、ボディカラーの影響が強いですね。ただ、癖のあるデザインではないので、乗る人を選ばない車であるといえると思います。

ドア

 ルーミーの後席ドアは両側スライドドアとなっていて、狭い駐車場での乗り降りや広い開口部と低い車高により高齢者にも優しいものとなっています。試乗車では両側ともに電動ドアとなっており、運転席からもボタン一つで操作が可能となっていました。

 また、運転席、助手席ドアにはドアノブにスイッチがあり、キーを持ってボタンを押すことでロックの開閉が出来るようになっていました。スイッチはゴムのような感触で素材色であり浮いたデザインとなっていましたが、個人的にはアクアなどのタッチ式のロック機構よりも押したときの感覚があるので安心感を感じました。

内装

デザイン

 内装はとにかく広い!ROOMY(広々の意)の名前は伊達じゃない広さです。大きなウィンドウと高い天井のおかげで強烈な解放感です。さらに後席は前方に折りたたむことで後部を完全にフラットに出来ます。小柄な人であれば車中泊も問題ないでしょう。大量の収納スペースも相まって、居住性は抜群です。

 ダッシュボードはステアリングの前にアナログ式の二眼メーターが付き、センターパネルにはカーナビゲーションとコンパクトにまとめられたオートエアコンがついていました。スイッチ類がコンパクトにまとまっていて見た目は非常に良いのですが、スイッチ類の配置が独特だったので慣れるまでは注意が必要に感じました。

 運転席は助手席とは独立しているとともに、ドアからもかなりの距離がありました。高い天井も相まって開放感が強く、狭いところが苦手な方にはとてもいいと感じました。前方の見切りもよく、運転していてストレスも少なかったと感じます。

ドライビング

ハンドリング

 ハンドルは電動アシストステアリングらしく非常に軽い感覚で、大きく切り込むときも力はほとんど要りません。サスペンションもよく動き、振動の吸収はアクア並であるように感じました。しかし大きくハンドルを切った際にウィーンというモーター音が聞こえるのが気になりました。

 旋回はトールワゴンの宿命といえる重心の高さによりあまり得意ではありません。どうしても外側に振られて踏ん張りが効かない感じがするので、ワインディングなどでは注意が必要だと感じました。(この車でスポーツ走行する方は珍しいでしょうけど…)

パワー感

 1000ccのCVTとは思えないぐらいに軽快です。乗車人数一人で空荷であれば余程の急坂でない限りはストレスは感じないでしょう。CVTですのでキックダウンでもしない限りはエンジンが唸りを上げることもなく、静かに加速していきます。慣れていないといつの間にかとんでもない速度が出ているので、気を付けましょう。

運転感覚

 着座位置が高いのでコンパクトカーでありながらアルファードのようなファミリーカの様な感覚で運転できます。視界も広く、左側のサイドミラー下には車体の側方下部を確認できる小型ミラーがついていたので、アラウンドビューモニターがなくとも狭い道でのすれ違いや駐車などが容易に出来るでしょう。

まとめ

 試乗してみて感じたことは、全体的に優等生な車である、ということです。どこを取っても癖がなく、素直な運転感覚とサイズ感、シンプルで機能的なデザインはどの様な人が乗っても「悪くないんじゃない?」と思えると思います。極端に言うと家電の様な車です。機能性の塊です。

 荷物を多く積みたい人や、四人までの家族、街乗りや平地での移動が主な人や開放感のある車を望む人にはとてもお勧めできる車です。とにかく広い!道具としての利便性はピカイチでしょう!

とりあえず試乗記として書いてみましたが、専門知識も何もないので感想を羅列しただけですね。うーん、魅力のある文が書きたい!写真を入れたい!勉強しなければ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました