ブログでネタが切れてしまったあなたへ‐雑記ブログでの対処法‐

ネタ切れ ブログづくり

ブログを毎日投稿していると

必ず遭遇するのが

ネタ切れ

です。

今回は、ネタ切れ状態になってしまった場合、
どの様な方法でネタを探していけばいいのか

その方法を書いていきたいと思います。

ネタ切れの原因と対処

そもそもなんでネタ切れをしてしまったのでしょうか?

その原因を探ることで再発防止に役立てましょう!

そもそもネタを作る努力をしていない

はい、まず一番多いであろう原因がこれです。

私は数カ月ブログを放置していた時期があるのですが、
その時の生活スケジュールが以下になります。

  • 午前中  7時ごろに目覚めるも布団の中でごろごろしている
  • 昼    布団のなかでネットサーフィンをしている
  • 午後   仕事に行く
  • 深夜   仕事から帰り、ふろに入って就寝

はい。完全にダメなやつですね。

 何がいけないのか一目瞭然です。午前中いっぱいが
空いているにもかかわらず、布団のなかでだらだらごろごろ。

ネタを探してすらいないわけです。

本を読んで感想を書くだけでも立派なブログになります。

空き時間をいかにインプットに使えるか

気持ちないともはやどうしようもありません。

どうしても書きたくない!という方は、
ブログ自体を諦めたほうが精神衛生上よろしいでしょう。

周りにブログをやっている人を集めろ!

それでも、ブログを書きたい!と思った方は

twitterなどのSNSに登録して、
ブログに精力的に取り組んでいる初心者さんを
フォローしましょう。

周りに頑張っている人がいて、
毎日活動していると、自然と

「僕も頑張ろうかな…!」

なんて気持ちになってくるものです。

何を書いたらいいのか分からない…

さて、上記はネタがないことを理由にして
逃げるだけのどうしようもないものでしたが、
次は真剣にネタがない場合です。

ホンとにそうですか?

見逃しているだけ!ちょっとの引っ掛かりでもネタになる!

仕事中や、ぼーっとしている時に
フイに

「これは実はこういうことなんじゃなかろうか?」

「こうしたらもっといいんじゃないか?」

と思ったことはありませんか?

「このことについて誰かに話したい!」

「今日の出来事を誰かに自慢したい!」

「これの良さを誰かに知ってもらいたい!」

そう思ったことはありませんか?

「つらい…この辛さから逃げるにはどうしたらいいかな?」

「けが(病気)をしてしまった…どういうけが(病気)なんだろう?」

このように思ったことはありませんか?

全部ネタになります!

何も全部の記事が、「ためになったねぇ~!」とはならなくて良いのです。

むしろ、そういった日常の部分で共感を得られることもあります。

記事を書ききれない…

毎日投稿ページを開いて、
何行か書いてみるものの

「何か違う…」

となって下書きのまま放置してしまう毎日…

恥ずかしがらずに公開だ!

こんな状況になっているあなたは

優柔不断状態

といえます。

どうしてせっかく数行書けたのに消してしまうんです?
そのまま書ききって、公開してしまいましょう!

だれでも最初はそんなものです!

あなたはライターさんではありませんし、
書き物が天才的に上手なわけではありません。

どんなに天才的な文章を書けたとしても
ブログ開始直後なんて、
誰もあなたのことを知りません。
ブログにも見に来ません。

何を恥ずかしがることがあるんですか?

やましいものを書いているのでなければ、
堂々と公開しましょう!

大丈夫です!

数か月したら、リライトしてしまえばいいのですから。

むしろ、その時には文章能力もけた違いに向上しているはずです。

当時を思い出して、懐かしんじゃいましょう!

まとめ

ここまで書いてきましたが、

基本的に、ネタがないのは自信が無いからです。

自信はやっているうちにつくので、
まずはどんなことでもいいので記事を書き上げて
公開しましょう!

「こんな話はみんな知ってるよな…」
「つまらない話だな…」

なんていうのは、自分の勝手な判断です。
実際に世に出してみない事には
判断はつきません。

Let’s Try!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました