wordpressアドレスを変えてしまった時の対処法

YoshikoさんによるイラストACからのイラスト ブログづくり
YoshikoさんによるイラストACからのイラスト

グーグルアドセンスの審査を通すために、
サイトURLを変える必要がありました。

この時、ダッシュボードの一般設定画面では、

wordpressアドレスは変更してはいけません!

ログイン画面と管理画面に入れなくなって、
大変な思いをすることになります。

私は8時間かけて復旧することが出来たので、
何をしたかを簡単に報告したいと思います。

サイトアドレス、wordpressアドレスを修正する

サイトアドレス、wordpressアドレスとは何か

サイトアドレス

サイトアドレスとは、インターネット上から
そのサイトにアクセスするためのアドレスです。

こちらはブラウザ上での住所なので、必要に応じて
変更することがあります。

wordpressアドレス

wordpressアドレスは、サーバー上にインストールした
wordpressの位置を示します。

これが間違ってしまうと、サーバー上のwordpressに
アクセスすることが出来なくなってしまうために
ダッシュボードの操作などが出来なくなってしまいます。

こちらはブラウザ上で表示されるものではないため、
変更することは基本的にはありません。

修正方法

サイトアドレスのみの変更の場合

サイトアドレスのみを変えてしまった場合は、

ダッシュボードの一般設定

から修正することが出来ます。

元のURLを入力してあげましょう。

もしも元のURLを忘れてしまった場合は、
FTPソフトやレンタルサーバーのファイルマネージャーや
データベースツールなどから
正しいURLを探すことになります。

wordpressアドレスを変更してしまった場合

wordpressアドレスを変更してしまった場合は、
ダッシュボードにアクセスできなくなるため、
設定ファイルにアクセスしなくてはなりません。

レンタルサーバーなどのデータベースツールから
データベースを開き、
OOO-opsionsファイルを開いて
siteurlの部分を修正してあげましょう。

これで修正できるはずです。

入れなかった

上記の修正をしたものの、
私はログインページに入ることが出来ませんでした。

結論から言うと、

「All In Security and Firewall」

が悪さをしていました。

私はセキュリティ強化の一環でログインページの
URLを上記のアドオンで変更していたのですが、

入れなくなってしまったことで
セキュリティに引っかかり、
管理画面から弾かれてしまったようなのです。

最終的には管理ファイルから
「All In Security and Firewall」のファイルを
全て削除することで再びログインできるようになりました。

まとめ

wordpressアドレスはいじってはいけない!

作業前には必ずバックアップを取る!

もしいじってしまったら、
管理ファイルにアクセスしなければならないので、
覚悟を決めること。

落ち着いてしっかり調べれば、必ず復旧することが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました