【自動車雑感】新車を買おうか悩んでいるなら、リースも考えてみよう

自動車

日常の足や休日のドライブに、自動車はとても便利です。しかし、車を買うというのは家と並ぶ高額な買い物なので、簡単に買えるものではありません。それに中古での購入は、車の状態をしっかり見れないと高くつくこともありますし、なにより今CMでやっている最新の車を使いたいですよね。

今は自分で車を持つ以外にも、カーシェアリングやマイカーリースといった、新しい車の乗り方が出てきましたね。私のようにほれ込んだ車と添い遂げるつもりでなく、色々な車に乗ってみたい人にはリースで車に乗るというのも選択肢に入ると思います。自分で車を持つ場合と、リースで車を持つ場合で比べてみましょう。

自分で車を持つ場合と、リースの支払いの違い

自分で車を持つ場合には色々な支払いがあります。自動車税、重量税、自賠責保険料ローンの支払いなど、支払いの種類が多いので払ったのか払っていないのか分からなくなったりしますよね。

リースであれば、リース料だけに一本化できるので支払いが簡単になります。車検などのメンテナンスもリース会社がやってくれるので、面倒な手続きはしたくない。そんな方にはリースはおすすめできます。

リースでの年間の支払いと、自分で自動車を持った場合の支払額の比較

リースとローンの比較として、トヨタアクアの年間の維持費を比べてみました。

リースでの支払金額

トヨタアクア燃料代(レギュラー140円)燃費22.8kmの場合保険(20等級)本体価格リース支払総額
1年目¥61,404¥34,876¥2,300,000¥492,280
2年目¥61,404¥34,876¥492,280
3年目¥61,404¥34,876¥492,280
4年目¥61,404¥34,876¥492,280
5年目¥61,404¥34,876¥492,280
6年目¥61,404¥34,876¥492,280
7年目¥61,404¥34,876¥492,280
¥429,825¥244,132¥3,445,957

ローンでの支払金額

トヨタアクア税金車検メンテナンス費用燃料代(レギュラー140円)燃費22.8kmの場合保険(20等級)本体価格ローン計算(年4%)ローンでの支払額
1年目¥34,500¥20,000¥61,404¥34,876¥2,300,000¥341,714¥492,494
2年目¥34,500¥20,000¥61,404¥34,876¥341,714¥492,494
3年目¥34,500¥75,000¥20,000¥61,404¥34,876¥341,714¥567,494
4年目¥34,500¥20,000¥61,404¥34,876¥341,714¥492,494
5年目¥34,500¥75,000¥20,000¥61,404¥34,876¥341,714¥567,494
6年目¥34,500¥20,000¥61,404¥34,876¥341,714¥492,494
7年目¥34,500¥75,000¥20,000¥61,404¥34,876¥341,714¥567,494
¥241,500¥225,000¥140,000¥429,825¥244,132¥2,392,000¥3,672,457

一括払いでの支払金額

トヨタアクア税金車検メンテナンス費用燃料代(レギュラー140円)燃費22.8kmの場合保険(20等級)本体価格一括購入での支払額
1年目¥34,500¥20,000¥61,404¥34,876¥2,300,000¥2,779,351
2年目¥34,500¥20,000¥61,404¥34,876¥479,351
3年目¥34,500¥75,000¥20,000¥61,404¥34,876¥554,351
4年目¥34,500¥20,000¥61,404¥34,876¥479,351
5年目¥34,500¥75,000¥20,000¥61,404¥34,876¥554,351
6年目¥34,500¥20,000¥61,404¥34,876¥479,351
7年目¥34,500¥75,000¥20,000¥61,404¥34,876¥554,351
総額¥241,500¥225,000¥140,000¥429,825¥244,132¥3,580,457

試算した結果、支払の総額は一括が円、リースが円、ローンが円となりました。これ多分どこかの数字がおかしいので、リースは一括よりも高くなると思います。しかし、ローンで購入するよりはリースの方が安く乗れるのは確かでしょう。

リースで車を持ったほうがいい方

転勤の多い方

転勤が多く、転勤先によって車を持つことが出来ないことがある方はリースのほうがいいです。

リースの契約次第ですが、月々の支払金額が乗る分だけのものもありますので状況次第で自分で車を持つよりも安く済ませることが出来ます。

車をどんどん乗り換えたい方

何年かごとに新しい車に乗りたい人にとってはカーリースはとても魅力的です。短いスパンで新車を購入するのは経済的な負担が大きいですが、リースであれば定額でいいので支払い能力内である程度好きな車に乗り換えることができます。

リースで車を持たないほうがいい場合

自分でメンテナンス、カスタマイズしたい方

自分で車をメンテナンスやカスタマイズをしたい方は、リースをしないほうがいいです。メンテナンスはリースの条件に入っていますし、カスタマイズした場合、リース期間終了時に車の残価から査定が引かれてしまう可能性があります。

リースをするならどこを選ぶべき?

リースで車を持つことを決めたとしてどこでリースを頼むのが良いのでしょうか?多くの企業が個人向けカーリース事業に参入していますので、まさにピンキリ!そのうちの一部を見ていきましょう!

ガソリンスタンド系

ガソリンスタンド系の会社のリース契約は、加盟店のガソリン料金の割引やメンテナンス料の割引があることが多いです。ガソリン代は距離を走る方ならバカにできない金額になりますので、割引があると助かりますよね!

エネルギー供給事業で全国的に有名なコスモ石油さんの展開している

コスモmyカーリースです。

メーカー系

特にトヨタレンタリースは企業、個人事業主向けにリース事業を行っていますね!営業車は距離を走りますし、メーカーがメンテナンスを責任をもって行ってくれるのは安心できますね!

トヨタレンタリース (toyota.jp)

自動車販売系

自動車販売会社がリース部門を持っている場合もあります。

メーカーの枠に縛られませんし、それぞれの会社の得意な分野で勝負していますので、特徴のあるサービスを行っていたりします!気になるサービスはサイトなどで確認してみましょう!

愛知県を中心に、自動車のカスタマイズ、ドレスアップなど多方面に活躍されている

株式会社 三和サービスさんの
カーリースです。

IT・ベンチャー企業系

自動車の専門ではありませんが、デジタル系の技術を生かしてリース事業に参入している企業もあります!こういった企業は既成概念にとらわれず、新しい切り口のサービスなど、面白い切り口でサービスを展開していたりします!

おトクにマイカー 定額カルモくん

IT企業のナイル株式会社さんが展開しているリース事業です。

車をリースで持つか自分で持つかは自分で決めるべき

さて、長々と書いてきましたが、結局リースにするべきなのか、自分で車を持つべきなのかの結論をいいます。どうするのが一番いいのかは、あなたが決めることです。

正直「このサービスがいい」「この会社にすれば間違いない」なんてことは無いんです。一番大切なのは、自分は車とどう向き合うのか?です。自分はどういう運転の仕方をしているのか、どれだけ距離を走るのかなど、あなたの環境によってすべて変わってきます。なんならカーシェアリングでもいいわけですからね。

ご自分の生活環境に合わせて、今あげたところ以外も比較、検討して後悔のない選択をしてくださいね!

自動車の関連記事はこちらをチェック

【泡洗車】泡で洗車するフォームガンを自作してみた【噴霧器改造】
グループBの時代【ラリー閑話】
トラブルを避けるために!おすすめドライブレコーダー3選
ブログランキングに参加しています。良かったらボタンをクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ カーライフへ
人気ブログランキング
駐車場を有効活用するなら軒先パーキングで決まり!
プロも使ってる!?業務用カーケア用品販売サイト
カーピカルJAPANネット!
レンタカーならレン@ナビ!
おすすめカーリースまとめ!

どんなところに泊まろうか?
ホテル予約なら楽天トラベル!

コメント

タイトルとURLをコピーしました