キッチンのレバー式蛇口を外す方法【蛇口のぐらつきを直す】

DIY

レバー式の蛇口は1本で水とお湯の量を簡単に調節できるので、新しい家であれば洗面台やキッチンの蛇口はほとんどがこれになっていると思います。しかし、長く使っていると蛇口がグラグラして水の止まりが悪くなってきます。

思ったように水が出ないと不便ですし、何より気持ち悪いですよね。私の家のキッチンの蛇口もグラグラになったので修理して対応しました。ドライバーがあれば簡単に出来る作業なので、レバー式蛇口のぐらつきの解消方法を紹介したいと思います。

蛇口のレバーがぐらついたら外してみよう

蛇口のレバーがグラグラして水の切れが悪い。なんてことはありませんか?水が止まらないと余計に水道代がかかるし、何よりぐんにゃりした操作感は気持ち悪いですよね。そのぐらつきは、レバーの中の部品が壊れているからかもしれません。

レバーのぐらつきは中の爪の破損かも

蛇口のレバーは、蛇口の中にあるさらに小さいレバーに被さっています。小さいレバーとはボルトで留められていて、そこに補強で爪がついています。この爪はプラスチック製で、度重なる操作で壊れてしまいます。この爪が壊れると、レバーを固定しているボルトが緩みやすくなってしまい、レバーがぐらぐらしてしまうのです。

蛇口のレバーの取り外し方法

蛇口のレバーの取り外しはとても簡単です。失敗しても壊れることはそうそうないと思うので、気軽に挑戦してみてください。具体的なやり方を解説します。

レバーの交換に必要な工具

レバーの取り外しにどうしても必要な工具は、ボルトの取り外しに必要なプラスドライバーもしくは6角レンチです。

あったら便利なのはマイナスドライバーですが、マイナスドライバーはカバーを外すことに使うだけなので、自分の爪でもフォークでもつまようじでも、カバーが外せるなら何でも代用できます。

レバーのネジカバーを外そう

ボルトを隠しているカバーを外しましょう。側面や上部に不自然な溝があれば、そこが(多分)カバーです。溝にマイナスドライバーを差し込んで、てこの原理で外しましょう。色々な方向で試してみましょう。力を入れなくても外れるはずです。

カバーっぽいものが見当たらなければ、爪で固定されているタイプのレバーです。上に引っ張れば外すことができ案す。

ドライバーでボルトを外そう

ボルトの頭が見えたら、ドライバー(もしくは6角レンチ)でボルトを外しましょう。外したボルトは無くさないようにしましょうね。

蛇口のレバーのぐらつきを解決する方法は2つ

さて、蛇口のレバーを外してみました。レバーの中を見て、プラスチックの破片があれば爪が壊れています。次に説明する方法を試しましょう。

破片が無く、どこも壊れているように見えなければただのボルトの緩みか、他の部位が壊れています。ボルトを締め直して確認しましょう

レバーを修理する場合

レバーの破片を接着剤で固定しよう

レバーの壊れた爪を接着剤でくっつけて修理します。つける接着剤は瞬間接着剤がいいでしょう。早く固まってくれるので、時間をかけずに作業できます。

接着剤をよく乾燥させよう

どれだけ急いでいても、接着剤が固まる前にレバーを付け直すのはやめましょう。接着剤が固まっていないので、せっかくつけた爪がすぐに外れてしまいます。

レバーを交換する場合

新しいレバーは取り寄せよう

レバーを交換する場合、新しいレバーを入手する必要があります。オンラインショップで探してもいいのですが、レバーのみの取り扱いはなかなかありません。

蛇口の説明書にある問い合わせ先に連絡しよう

レバー単品で注文するときは、蛇口の説明書にあるカスタマーセンターやお問い合わせ窓口に連絡しましょう。確実にぴったり合うレバーを用意してくれます。

蛇口のレバーのDIY修理はあくまで応急処置

レバーのぐらつきを直す方法として、2つの方法を解説しました。ただしレバーの修理は、あくまで応急処置です。壊れていないレバーと比べると、耐久性は大幅に落ちます。またぐらつきだした時のために、予備を用意しておくことをおすすめします。

DIYの関連記事はこちら

【おいしい鍋を作るためのコツ】どんな鍋でもこれさえ抑えておけばOK!失敗しない鍋の作り方
車のサビ防止に最適!99工房のサビ転換剤がかなり良かったので紹介
秋のドライブで気を付けること2つ!
ブログランキングサイトに登録しています。よかったらバナーをクリックしていただけると励みになります。
人気ブログランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました