チキンナゲットについて

生活
Photo by Raghav Modi on Unsplash
Photo by Léo Roza on Unsplash

知っているようで知らないチキンナゲット

ハンバーガーショップでセットを頼んだ時、セットをフライドポテトにするかチキンナゲットにするか迷うことは多いと思います。パリパリの衣とジューシーな肉の誘惑は魅力的ですよね。私は結構ナゲットを選びます。ソースはマスタードソースがマストですね!

ところで、チキンナゲットとはどんな料理なのか、気になったことはありませんか?

調べてみたので、良かったらこの後も見てみてください。

チキンナゲットの「ナゲット」の意味

Photo by Tamanna Rumee on Unsplash

ナゲット(nugget)とは、英語で小さい肉の揚げものという意味の他に金塊の意味があるのだそうです。特に、天然の金塊を指す言葉だそうです。

黄金色に揚がったナゲットが積みあがっている様は、確かに金のようですね。億万長者です。

ナゲットの定義

Photo by Erik Mclean on Unsplash

ではナゲットはどんな調理法のことを言うのでしょう。

ナゲットの調理法は豚や鳥の肉の塊やひき肉をまとめたものに衣やパン粉をつけて揚げたり焼いたもののことをいいます。

家庭では揚げ焼きが多いようです。

定義だけではかなり広いようですが、調理法としては唐揚げや肉の天ぷらに近いもののようですね。

フライドチキンとの違い

フライドチキンとナゲットの大きな違いは、骨がついているかいないかです。

フライドチキンに骨がついているのは欧米では(低価値の部位を用いた)労働者階級向けの食べ物だったようです。多くのフライドチキンが骨がついているのはそういった背景があるようです。

対してナゲットはひき肉などの肉をまとめて揚げたものなので、似た出自とも言えそうですね。

簡単な作り方

Photo by David Todd McCarty on Unsplash

チキンナゲットについては、鶏ひき肉や一口大に切った鶏肉を小麦粉を使った衣につけて揚げる(もしくは揚げ焼きにする)だけです。簡単ですね。

ヘルシーに仕上げるのであれば肉の繋ぎに豆腐などを使用するとしっとり感も出て面白そうです。

まとめ

チキンナゲットは一口大の肉類の衣揚げのことでした。ひき肉でも作れるので、簡単に食卓に黄金の塊を出現させられますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました