グループBの時代【ラリー閑話】

ラリー

1973年に世界各地のラリー大会をまとめて一つの大きな
世界選手権にしたWRC(世界ラリー選手権)ですが、
1982年から1986年までのわずかな期間だけ行われた

「グループB」

という規定でのWRCは一際異彩を放ち、
人々の熱狂と興奮を集めました。

グループBの概要

過激な車両開発

グループBは排気量でさらに細かく分類されていました。

排気量での分類は

1300cc未満

1300~1600cc未満

1600~2000cc未満

2000cc~

(過給機付きは排気量×1.4した値)

B9

B10

B11

B12

 

でした。これ以外の規定は、

オイルショックによるワークスのWRC参戦の減少を恐れたFISAにより、
連続する12か月間に200台以上の生産があった車両
参戦資格を与えるものでした。

これにより、200台生産すればWRCに出場することが出来るようになり、
各メーカーは勝利のために異常な車両を投入することになります。

この規定は最終的に
ワークスカーとしてWRCに参戦する
エボリューションモデル20台をラリーカーとして認める

という文面によって、さらにイカレた激しい開発競争を招きます。

熾烈な開発競争によって、

グループBは
軽自動車並みの車体を400馬力以上のパワーでかっ飛ばし、
タイヤをほぼ空転させながら走るような危険な車両が
しのぎを削る魔境となりました。

観客の熱狂

グループB以前のWRCでは、コース上まで観客が出てきていることも
珍しくありませんでした。

対戦車両の妨害をするために道路上に石を置いたり、

走行している車両に触れることがステータスとなるような状況でした。

安全な場所での観戦などは観客の頭にはなく、
危険な場所でも大量の観客がいるような状態が横行していたのです。

頻発する大事故

当然そんな状態で事故が起こらないはずもなく、
大事故、死亡事故が頻発します。

しかし観客の熱狂的な支持などにより、FISAはグループB規定の
見直しを行うことはしませんでした。

グループBの終焉

過激さを増していくグループ Bはもはや制御不能の状態でした。

そしてついに1986年のツール・ド・コルスで
グループBの終焉を決定づける事故が起こってしまいます。

トップを走っていたヘエンリ・トイヴォネン/セルジオ・クレスト組が
コースオフし崖から転落。

乗機のランチア・デルタ・S4は勝利のために燃えやすい
マグネシウムホイール、車両下部の燃料タンクなど
安全性を軽視していた設計であったこともあり、

車両は爆発、炎上。残ったのはスペースフレームとサスペンションのみ
という凄惨なものでした。

トイヴォネンとクレストの二名も死亡しました。

この大事故を受けてFISAはグループB車両のホモロゲーションの新規受付を
終了し、グループBの終了を宣言。1987年以降のWRCは下位カテゴリであった
グループAで行われることとなります。

これによって、熱狂と狂気の時代であったグループBは5年という短い期間で
終了することとなります。

狂気の車両たち

プジョー205ターボ

Group B Peugeot 205 T16 E2 "The Sound"

アウディ・クワトロS1

Audi Quattro WRC Rally group B – Pure sound

ランチア・デルタ・S4

The Ultimate Group B Rally Car – Lancia Delta S4 Natural Sounds

まとめ

グループBは確かに危険と異常性の中で行われた
狂気の時代でした。

しかし、人々を熱狂させる熱量と、
ワークスのパワーに賭ける執着は、
独特な魅力を発していて今も熱狂的な支持層が
存在しているのも確かです。

まるで麻薬のような暴力的な魅力は、

抗いがたい魔力を放っています。

参考資料

Wikipedia「グループB」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97B

コメント

タイトルとURLをコピーしました