【安全運転のために】ブレーキの上手な踏み方のコツ

自動車

車で移動するときに、最後に必ずすることはなんでしょう。それは車を止めることです。車を止めるために必要なのはブレーキいう装置です。自動車のブレーキは目的によって数種類のブレーキがあります。

特にフットブレーキは、運転中に主に使われるので上手い運転にも深く関わります。楽しいはずのドライブで、雑なブレーキ操作で酔ってしまったり、首がガクガク降られて嫌な思いをしたことはありませんか?

今回は安全運転に役立つのはもちろん、同乗者に嫌な思いをさせないためのジェントルなフットブレーキの踏み方について解説します。

その他の運転のコツはこちらからどうぞ!
アクセルの上手な踏み方のコツ | トロコスの雑記ブログ (torocos.com)
ハンドルの上手な操作のコツ | トロコスの雑記ブログ (torocos.com)
運転がヘタな人のための運転が上手くなる方法 | トロコスの雑記ブログ (torocos.com)

フットブレーキとは何か

車についているブレーキは、フットブレーキ、パーキング(サイド)ブレーキの2つです。トラックには減速用に排気ブレーキというブレーキもあります。

フットブレーキは車の運転時に使われるブレーキです。車の減速と停止のために使われます。運転席のペダルを踏む強さでブレーキの効きを調節できるため、きめ細かい速度調節が可能です。

フットブレーキの仕組み

現在使われているフットブレーキの仕組みは、油圧を利用してブレーキの力を増す油圧ブレーキが主流です。

油圧ブレーキの仕組み

油圧ブレーキはフットペダルで発生した圧力をマスターシリンダーに送り、そこで圧力を増してブレーキに送ります。油圧を使うことで、重い車でも軽い力で運転することができるので、運転の疲労を着く無くすることができます。

フットブレーキのジェントルな使い方のコツ

フットブレーキは、操作の仕方でロデオの様な荒々しい(粗々しい)運転から、優雅な白鳥のような運転まで乗り心地を変えるものです。自分一人であればロデオでも冬の日本海でも楽しめますが、同乗者がいるならばファーストクラスの乗り心地を提供したいのは当然ですよね。

そんなファーストクラスの乗り心地を作り出すためのブレーキワーク(ブレーキの踏み方)をご紹介します。

ジェントルなブレーキの基本的な考え方

ブレーキはゆで卵の殻を剝くような繊細さを持とう

ゆで卵はちょっと適当に剥こうとすると、月の表面の様なボコボコの表面になります。つるつるの玉肌美人にするには、指先に神経を集中して卵の状態を感じなければいけません。ブレーキの踏み方も同じように、車にかかる力を全身で感じながら繊細に行いましょう。

ブレーキを使うときはかかとは床につけよう

運転方法の指導では、ブレーキを使うときはかかとを床から話して踏むように教わります。しかし、かかとを離して踏むと繊細な操作はし辛いです。実際、今の車で普段使う程度のブレーキの踏み方では、かかとをつけても止まるには十分な力が出せると思います。

安全な時にかかとを床につけてブレーキを踏んでみてください。あなたの筋力にもよりますが、以前よりも繊細な操作が出来ているはずです。

減速する時

前の車との車間が狭くなってきたとき、カーブがせまってきて減速したいとき、そのほか諸々の理由で、車のスピードを落としたいときがあります。そんな時のブレーキの使い方を紹介します。

まずはエンジンブレーキを使おう

エンジンブレーキは、アクセルを離したときにエンジンの回転数が落ちることを利用したブレーキです。マイルドな減速になるので、ブレーキを踏むよりも快適に速度を落とすことができ案す。

ゆっっっくり踏み込もう

エンジンブレーキだけでは減速が足りないときは、フットブレーキを使わなければいけません。フットブレーキを踏むときは、同乗者の頭が揺さぶられないようにゆっっっくり踏み込みましょう。

ゆっっっくり放そう

ゆっっっくり踏んだブレーキは、同じくらいゆっっっくり放しましょう。ぱっと放すと、減速したときにかかった力が急に解放されるので、車がグイッと動きます。たまった力をゆっっっくり解放させてください。

停止する時

減速する時にはゆっっっくり踏み込めば同乗者を不快にさせないブレーキワークが出来ました。そのまま停車するときには、ブレーキをそのままにしておくと止まったときにがックンと大きく車が揺れてしまいます。

止まる直前にブレーキを緩める

ではがックンとしないためにはどうすればいいのでしょうか。その方法は、止まる直前にブレーキを少し緩めてあげることです。

車が止まったときにがックンとなる理由は、減速するときに溜まったエネルギーが止まった瞬間に解放されるからです。なので、止まる前にその減速エネルギーを解放させてあげれば、静かに止まることができるのです。

ブレーキで車の姿勢を制御する

ここからは少しジェントルな運転とは離れて、少しアグレッシブなブレーキの使い方を覗いてみましょう。品行方正なさっきまでのブレーキの使い方と違い、少しカゲキなブレーキの使い方です。

ブレーキで速く曲がる

カーブを曲がる前などで、車の姿勢を作るためにブレーキを踏みます。車が曲がりやすい姿勢を作ることで、車がより速い速度でもカーブを曲がれるようになります。

上手なブレーキは丁寧な操作から生まれる

ドライブするときは必ず使うのがブレーキです。運転の上手さはブレーキングで決まるといっても過言ではありません。上手でジェントルなブレーキの踏み方をマスターすることで、楽しいドライブを作っていきましょう。

その他の運転のコツはこちらの記事をチェックしてください
アクセルの上手な踏み方のコツ | トロコスの雑記ブログ (torocos.com)
ハンドルの上手な操作のコツ | トロコスの雑記ブログ (torocos.com)
運転がヘタな人のための運転が上手くなる方法 | トロコスの雑記ブログ (torocos.com)

ブレーキについての関連記事はこちら

ブレーキの性能維持のために必要な知識 | トロコスの雑記ブログ (torocos.com)
サイドブレーキは何のためにあるのか解説 | トロコスの雑記ブログ (torocos.com)

安全運転の関連記事はこちら

【自動車解説】アンダーステアとオーバーステアの違いを解説
【自動車】トラブルを避けるために!おすすめドライブレコーダー3選
【自動車雑学】あおり運転にあったらどうすればいいのか解説

ブログランキングに参加しています。良かったらボタンをクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ カーライフへ
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました