ブレーキの性能維持のために

自動車

ブレーキは消耗品です!

そうだね!という方は記事内に間違いがあったら教えてください
さっぱりわからん…という方は記事を読んでみてください

ブレーキとは何か

さて、ブレーキとはそもそも何でしょうか?

自動車の三大要素は「走る」「止まる」「曲がる」です

この中で一番安全に対して重要な役割を果たすのが「止まる」の要素です

一番事故が起こりやすいのは「走っている間」ですからね
何かあった場合は、とにかく停車するのが最も安全に寄与します

また、運転者がいない場合に勝手に走りださないように
車輪を固定するのもブレーキの役目です

そんな一番重要な要素である
「止まる」を担当するのがブレーキなんですね

ブレーキの基礎知識

ブレーキといっても多様な分類があります

物体の速度を減じられればなんでもブレーキと言えるためです

エンジンの抵抗を利用したエンジンブレーキや、排気を利用した
排気ブレーキなどもありますが、ここでは特に使用頻度の高い

機械的ブレーキについて詳しく書きたいと思います

走行中に主に使用することになる
機械式ブレーキは運動エネルギーを摩擦によって
熱エネルギーに変換して制動力を出すものが主流です

ブレーキは基本的には車輪の回転に追従する部位に
固定された部位を押し付けて摩擦を発生させます

回転する部位は主に金属で作られ、そこに押し付ける部品は
摩擦を発生させやすい複合材で作られています

物体の速度が速いほど、重いほど物体の持つエネルギーは大きくなるので
「止まる」の要素を構成する部品は要求される性能が高くなります

なので、車体が大きく、重く、また走行速度が速くなるほど
ブレーキは大きくなる傾向にあります

ディスクブレーキとドラムブレーキ

特に自動車用ブレーキは

ディスクブレーキとドラムブレーキに大別できます

ディスクブレーキ

曙ブレーキ工業株式会社hpより

ディスクブレーキはタイヤと一緒に回転しているディスクローターと
固定されているキャリパー部に分かれます

ブレーキパットが同サイズのドラムブレーキに比べて小さくなりやすいので
制動力はドラムブレーキに比べて小さいですが
放熱性が高く、使用頻度の多いものによく使われます
主に高級車やスポーツカーに使われ、軽自動車などでも
前輪部分によく使われます

ドラムブレーキ

名前の通り、ドラムのような形をした金属部分が
車輪とともに回転し、その円筒部分の内周に
ブレーキパッドを押し当てるタイプのブレーキです

同サイズのディスクブレーキに比べて
大きな制動力が発揮できるため、主にトラックなどの
大型車に使用されます

熱への耐性が低く、使用頻度によってはブレーキが
効きづらくなることがあるため注意することが必要です

また、走り出し直後には制動力が出すぎて
ピーキーになることもあるため
「ブレーキを焼く」操作が必要になることもあります

ブレーキの点検

今回の記事で書きたかったのはここです!

もちろん摩擦を利用する性質上、ブレーキは常に消耗しています
また熱にさらされ、地面からの衝撃をもろに受け、
飛び石、水分、泥、砂などブレーキを取り巻く環境は
過酷の一言に尽きます

そんな過酷な環境にさらされながら、一番重要な
「止まる」の役割を十分に果たすためにはこまめな点検が
重要です!

点検項目は多くありません
タイヤ交換のついでなどで見てみましょう

では、とくに見るべき部位について以下で見ていきましょう

ブレーキパッド

アマゾンより

一番消耗しやすい部位です

点検の方法は、タイヤを外してキャリパー部の点検口から
覗くだけです

ドラムブレーキの場合は大抵車体側にゴム製の蓋が被さっているので
それを外してみましょう

※車体の下に潜る際は必ずリジッドラック(ウマ)を噛ませるなど
十分な安全対策をしましょう!

また、パッドに消耗を知らせるパーツが取り付けられている場合もあります
ブレーキを踏んだ際に「キィーッ」と音が出る場合は
ブレーキパットが消耗しているかもしれません

ディスクローター

アマゾンより

ディスクローター部は取り付けているホイールによっては
タイヤを外さなくても点検することが出来ます

ローター部のパッドが当たっている面が指で触ったり
目視で凹んでいることが確認できた場合は用交換です

使用しているパッドによってはローターへの攻撃性が高く
パッドとローターをセットで交換しなければならないほどのものもあります

ドラムは外してみなければ確認できないため
パッドの交換時に一緒に確認してみましょう

ブレーキフルード

ALLメンテナンスhpより

ブレーキフルードは一番確認しやすいものですね

大抵はエンジンルームの運転席側にブレーキフルードの
リザーバータンクがあり、そこで量の確認をします

減っているようであれば、パッドが減っているか、
フルードラインのどこかで漏れているかです

また色が黒ずんできていたり濁っているようであれば
ブレーキフルードの質自体が劣化しているので
交換が必要です

まとめ

点検の頻度としては、

ブレーキフルードが一番多く、鳴きがあったりタイヤの交換ごとに
パッドとディスクを確認するのが良いかと思います

ただし、ブレーキを多用する方やサーキット走行をされる方は
高負荷走行ごとに点検したほうが確実です

ブレーキは特に安全に直結する場所ですので、
こまめな点検で命を守りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました