中古車を買う際の注意点

自動車
丸岡ジョーさんによる写真ACからの写真

新しく車を購入するときには、
色々なことを考えますよね。

今回の記事は、
特に中古車を買おうと思っている方に
向けたものとなります。

新車にしようか、中古車にしようか
悩んでいる方は
また別に記事を書こうと思っているので

そちらを見てみてくださいね!

中古車を買うメリット

新車と比較して、中古車を買う
一番のメリットとは何でしょうか。

それは値段ですよね!

もちろん希少車であれば
新車以上の値段だったりしますし、

人気のハチロクなどは
値段が落ちません。

ただし、軽自動車などは
状態の良いものでも
お安く手に入れられたりします。

ただし、あまりにも安いクルマには
何か落とし穴が隠れているかもしれません。

中古車を選ぶポイント

私がインプレッサを買う際に
注意したポイントは

走行距離

年式

事故歴

地域

の4つです。
順番に見ていきましょう。

走行距離

先ずは走行距離です。

acworksさんによる写真ACからの写真

大体1年あたり5,000kmから10,000kmが
適正な距離です。

少なければ少ないほうが
いいのは確かなのですが

あまりに少ない場合は
メーターの交換などで
走行距離を偽装している可能性があります。

また、走っていなければいないで
各部が劣化している場合があります。

特に車検切れの車両の場合、
年単位で動かしていないなんてことも
ありますので

車検を取る際に部品交換などで
思わぬ出費があるかもしれません。

年式

こだわりがなければ
もちろん新しいほうがいいですよね。

高年式の車は、
当然色々な部品が
交換時期に来ています。

安く購入できたのに
部品代で新車並みに
費用が掛かることもあります。

古いクルマを購入するのであれば、
部品代は覚悟するか

乗れなくなったら乗り換えるぐらいの
心構えをしておきましょう。

事故歴

事故歴のある車といっても、
死亡事故にあったような車ではありません。

ちょっとぶつけてしまったとか、
そういった車がほとんどです。

改造でボデーに手を入れてしまった車も
事故車になってしまう場合があります。

事故車の定義は、フレームに影響が出て
それを修正した車ということなので
軽い事故であれば事故車とは呼びません。

事故車を見分けるコツとしては、

一部だけ色が違ったり、
一部だけボルトのサビ方が違う個所が
あることです。

そこだけ交換して、色を塗りなおしたり
しているんですね。

事故車は買取の査定に大きく影響するので、
乗りつぶす気がないのであれば
避けるのが無難です。

逆に、事故車でも気にならないのであれば、
狙ってみるのもアリです。

その際は、必ず試乗して
乗り味を確認してくださいね!

地域

その車が主にどんな地域を走っていたかは
とても重要です。

沿岸部を走っていた車両は
潮風にやられているので
下回りなどにサビが発生している
可能性が高いです。

また、寒冷地、降雪地域を
走っていた車も、
融雪剤の影響で
下回りがやられている場合が多いです。

サビは非常に厄介で、
車の強度をかなり損なうので
気をつけなければいけません。

ひどいものだと、
ボデーに穴が開いてしまっているものも
あります。

中古車選びで大切なこと

中古車選びで大切な
ポイントは

走行距離

年式

事故歴

地域

の4つだということを
説明させていただきました。

これらの条件を踏まえたうえで
中古車を選ぶときに

一番大切なことを
伝えます。

それは

実際に車体を確認して
試乗してみること

です。

特に下回り、ボンネット内も
入念に確認してみましょう!

車は高価な買い物というだけでなく、
あなたの足、そして相棒になります。

相棒選びで妥協せず、
ぜひ気持ちのいいカーライフを送ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました