パンク修理キットの使い方と限界

乗り物

万が一のパンクに備えて、車にはスペアタイヤが積まれていました。しかし、最近の車にはスペアタイヤではなく、タイヤ修理キットが積まれていることあ多いです。

スペアタイヤはジャッキアップして交換すればいいので力は要りますし車載工具ではなかなか大変です。しかし、タイヤ修理キットの使い方も、いまいちよく分かりませんよね。

もしタイヤがパンクしてしまった時に、使い方が全く分からないのとある程度使い方の流れが分かっているのとでは気持ち的にも作業のしやすさも大きく変わってきます。

この記事では、自動車用のパンク補修キットの使い方の簡単な流れと、パンク補修キットでは直せないパンクの種類、そしてパンクが修理できない場合の対処方法についてご紹介します。

パンク修理キットの使い方

パンク修理キットの使い方は、説明書に詳しく方法が書いてあります。その指示通りにするのが一番確実です。

一応パンク修理キットを使う流れを説明します。

  1. パンク修理キットを取り出す
  2. パンクしたタイヤのジャッキアップをする
  3. タイヤのバルブコアを外す
  4. 補修材を全量タイヤに入れる
  5. コンプレッサーで空気を規定量までいれる
  6. 空気漏れの確認

以上がタイヤ補修キットの使い方の流れです。特に注意するのは、空気を抜いたタイヤが潰れないようにジャッキアップすることと、空気漏れの確認をすることです。

パンク修理キットで直せるパンク

パンク修理キットは補修材を使ってパンクで出来た穴を埋めることで空気が漏れないようにします。

その特性上、大きすぎる穴や、タイヤの側面に空いた穴を修理することは出来ません。

パンク修理キットで直せるパンクは、あくまでタイヤのトレッド面(地面と接触する部分)に空いた小さな穴を塞ぐことに留まります。

パンク修理キットで直せないパンクの時はどうすればいいか?

パンク修理キットで直せそうにないパンクのときはどうすればいいでしょうか。いくつかとれる手段があるので、それを紹介します。

スペアタイヤに交換する

スペアタイヤを積んでいるのなら、タイヤ修理キットを使うよりもスペアタイヤに交換したほうが後が楽です。

タイヤの交換方法については、詳しく解説している記事があるのでそちらを参考にしてください。

ただし、今の車はスペアタイヤを積んでいないことが多いです。これはパンクする確率が下がったことと、タイヤ補修キットの普及によるものです。

ただ、スペアタイヤを置ける車種もあるので、購入時に販売店に相談するといいでしょう。

レッカーサービスをお願いする

パンクが軽微で自走できそうなら、最寄りのガソリンスタンドに駆け込むのが一番いいです。

しかし、自走が難しそうな場合や、ガソリンスタンドが遠い時にはレッカーサービスを頼むしかありません。

レッカーサービスを依頼するにはいくつかのルートがあるので、代表的なものを紹介します。

JAF

JAF会員ならレッカーサービスは15㎞までは無料で行ってくれます。15km以降は1㎞ごとに730円の牽引料がかかります。

JAF会員でなければ、基本料13,130円に牽引料が1㎞ごとに730円加算されます。

JAF会員であれば、レッカーサービス以外にもバッテリー上がり、スペアタイヤ交換作業、キーとじ込み、燃料補充が作業賃無料で行えます。

毎月クーポン付きのJAFの広報誌ももらえるので、入っておくと色々と便利ですよ。

任意保険の事故対応

任意保険の契約の種類にもよりますが、保険対応のロードサービスを呼ぶことでレッカーが可能です。

これは各保険会社の担当者か、トラブル対応窓口に相談しましょう。

パンク修理キットを使ったタイヤは速やかに交換しよう

パンク修理キットには、エアバルブから注入するシーラントタイプと外からゴムのりとラバーで補修するタイプの2種類の修理キットがあります。

自動車に積まれているのはシーラントタイプのものがほとんどですが、こちらは使用すると本格的に修理する前に、タイヤの内側に付いた補修材を洗い流さなくてはいけません。

耐久性も弱いので、シーラントタイプの補修材は本当に応急避難用だと考えたほうがいいです。児童が出来るようになっても、なるべく早く近くのガソリンスタンドなどに駆け込んでタイヤの修理や交換を頼みましょう。

自動車の関連記事はこちら

夜の運転で気を付けること3つ
パンク修理キットの使い方と限界
運転中の眠気を解消する方法【ドライブ中眠い】
ブログランキングに参加しています。良かったらボタンをクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ カーライフへ
人気ブログランキング
駐車場を有効活用するなら軒先パーキングで決まり!
プロも使ってる!?業務用カーケア用品販売サイト
カーピカルJAPANネット!
レンタカーならレン@ナビ!
おすすめカーリースまとめ!

どんなところに泊まろうか?
ホテル予約なら楽天トラベル!

コメント

タイトルとURLをコピーしました