【自動車雑学】水たまりにはご用心!ハイドロプレーニング現象とは何か解説

自動車
Photo by Charlie Deets on Unsplash

教習所で習うタイヤのトラブルとして、「ハイドロプレーニング現象」という名前を教わったことがあると思います。

ハイドロプレーニング現象は雨の高速道路でよく発生します。これから雨が多くなる季節ですし、ハイドロプレーニング現象とはどんな現象なのか、どういった対処法があるのか解説したいと思います。

同じく教習所で習うスタンディングウェーブ現象についての解説はこちら↓
【自動車雑学】タイヤが波打つスタンディングウェーブ現象について解説

ハイドロプレーニング現象とは?

Photo by Rodolfo Cuadros on Unsplash

ハイドロプレーニング現象を一言で言ってしまえば水の膜の上にタイヤが乗ってしまい道路からタイヤが浮いてしまう現象のことです。特に高速道路などの高速走行時に発生しやすく、発生してしまうとグリップの回復まで操作が出来なくなってしまうので大変危険な現象です。

ハイドロプレーニング現象のイメージ

ウォータースライダーの出口で水の上を滑るような経験をしたことはありませんか?あるいは、平たい石で水面を跳ねさせて遊んだことはありませんか?高速で水面に接触すると、水は衝撃を跳ね返すので水の上を滑るような形になります。その現象がタイヤと路面の間で起こっているのです。

タイヤがコントロールを失う

タイヤは地面と接触できません。車はタイヤは地面との摩擦によって動力を伝えたり走る方向を制御しています。ハイドロプレーニング現象によってタイヤが水の上に浮き上がると、車は操作する方法が無くなって、加速も減速も、走る方向を決めることも出来なくなってしまいます。

ハイドロプレーニング現象が発生しやすい状況

クサベイクナル・ムケルジーによる画像

ハイドロプレーニング現象が発生しやすい状況は、大きく2パターンに分けられます。それは道路に原因がある状況とタイヤに原因がある状況です。

道路に原因がある状況

道路に原因がある状況は、雨が多く降っていて道路に水たまりが出来てしまっている場合です。道路に景色が反射しているときは、水の膜が出来ている状態です。ハイドロプレーニング現象が起きやすくなっているといえるでしょう。

タイヤに原因がある状況

タイヤの溝がすり減っているときは、ハイドロプレーニング現象が発生しやすくなります。私たちが普段使用しているタイヤは、水を取り除いて道路を掴めるように溝が縦横に切られています。しかし、使用していくうちにタイヤはすり減り、溝も浅くなっていきます。

タイヤの溝が浅くなると、その分排水できる水量が減ってしまいます。そうすると、タイヤが水を掻き分けられなくなり、タイヤと路面の間に水の膜が出来やすくなり、ハイドロプレーニング現象が発生しやすい状況を作り出してしまいます。

ハイドロプレーニング現象の対策

Image by pasja1000 from Pixabay

速度を下げよう

ハイドロプレーニング現象の発生を抑える一番確実な方法は、速度を抑えることです。ハイドロプレーニング現象はスピードが出ていなければ発生しません。それも、タイヤの溝が十分ならば高速道路レベルの速度以上でなければそうそう起きません(30㎞/hでも発生した例はあるので注意)。

それに速度が出ていなければ万が一ハイドロプレーニング現象によって車が滑っても事故の程度を軽くすることが出来ます。

水たまりを避けて走ろう

ハイドロプレーニング現象はタイヤが浮かべるだけの水がなければ発生しません。路面が反射するレベルの水たまりを避けることで、ハイドロプレーニング現象の発生を抑制することが出来ます。

タイヤの溝をこまめに確認しよう

タイヤの溝をこまめに確認することも大切です。そもそもタイヤの溝が減っている状態では、ハイドロプレーニング現象以外の事故リスクも上がります。こまめに確認して事故リスクを減らしましょう。

雨の日は慎重な運転で安全に走ろう

Image by Uwe Hoh from Pixabay

ハイドロプレーニング現象は発生してしまうと重大事故に繋がりやすいです。自分の操作を全く受け付けない状況は、恐怖以外のなにものでもありません。雨の日にはハイドロプレーニング現象以外にも事故のリスクが上がる条件が増えます。いつも以上に気を付けて、安全運転をしましょう!

関連記事はこちら

ブログランキングに参加しています。良かったらボタンをクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ カーライフへ
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました