鉄フライパン コスパ最強の調理器具!

生活
ゆるフォトさんによる写真ACからの写真

鉄製のフライパン、「サビそう」「重い」「手入れが大変」
そんな気持ちで嫌厭している方も多いのではないでしょうか?

私も最初は色々と覚悟して購入しました。

しかし、数年使い続けていると
巷で言われていることのほとんどは、
気にする必要が無いことが分かったのです。

今回は、一人でも鉄フライパンユーザーを増やすために

鉄フライパンの良さ、素晴らしさを書いていこうと思います。

なぜ鉄フライパンを使わないのか?

最初の準備が面倒

購入したばかりのフライパンには錆防止の
塗料が塗られています。

これを剥がすために、フライパンの空焼きが
必要になります。

が、ここが少々めんどくさい。

空焼きの方法

フライパンをコンロにかけて
強火でガンガン焼く。

今の家庭用コンロでは、
センサーがついてしまっているので
焼くのが非常に大変になっています。

方法としては、
カセットコンロなどのセンサーの付いていない
コンロで焼くのが一番簡単です。

油ならし

フライパンに油をなじませ、
具材がくっつきにくくなるとともに
サビづらくなります。

失敗しても大丈夫!何度でもやり直しがききます♪

油ならしの方法

フライパンに油を入れて数分熱します。

この時に野菜くずを一緒に炒めてあげると
よりフライパンに油がなじみます。

くっつく

よく油の馴染んだフライパンは
くっつきづらくなります。

焦げ付きがとれなくなり、どうしても
くっついてしまう場合は

ヤスリなどでコゲを削り取ってあげましょう。

その後に油ならしをすれば元通りです。

サビる

毎日料理しましょう。
鉄フライパンなら美味しくなるし、鉄分も摂れます。

流しに水を張ったまま放置してはいけません。
お湯できれいにしてから空焚きなどで乾燥させ、
しまいましょう。

壁に掛けたりなどすると、インテリアとしても
見栄えがいいですよ♪

手入れが面倒

そんなことはないです。

むしろ、洗剤いらずで金ダワシでガシガシやって全然OK!

強火でガンガン炒めようが、フライ返しでガシガシこすろうが
無問題!

もし焦げたりサビたりしても削ってあげれば元通り!

こんなに適当でもいいものはありません!

洗剤が使えない

認識が違うんです。

「使えない」のではなく、「使う必要がない」なのです。

油は水を入れてひと煮たちさせれば簡単に落ちます。

焦げ付きはガシガシこすれば落ちます。

洗剤で落とさなければならない汚れなどないのです!

もしもどうしても洗剤が使いたい!となっても、
問題ありません。普通に洗剤で洗って、
油を敷いて空焚きすれば良いのです。

鉄フライパンを使うことのメリット

さて、鉄フライパンを使うにあたって
障害となりそうなものはもうなくなりましたね。

ココからは、鉄フライパンを使うことで
どんなに素晴らしいクッキングライフを
送ることが出来るのか、について書いていこうと思います。

料理が美味しくなる

鉄フライパンを使用すると、料理が美味しくなります。

熱伝導率が良く、食材に熱を均等に伝えられるためです。

油がフライパンに馴染んでいるために油膜が形成され、
それが具材を包み込むことで均等に熱が伝わり、
均一な火の通りを実現するのです。

また、鉄分がフライパンから染み出します。
これによって、現代人に不足しがちな鉄分を
より摂取することが出来ます。

長く使える

テフロンなどの加工が施されたフライパンは、
加工によって作られた膜がはがれてしまえば使用できません。

その寿命は大体が2~3年と短く、
2000円で購入したとしても、
10年で6000円から10000円の出費となります。

反面、鉄フライパンであれば6000円もあればそれなりのものが使え、
10年以上の使用が出来ます。

エコ

環境問題に高い関心を寄せ、

クーラーは設定温度を1℃上げ、暖房は1℃下げ
有機栽培野菜を食べ、買い物はエコバッグで済ませるあなた!

鉄フライパンなら

高伝導率で火力を抑えられ、ガス代を抑えることが出来る。

長く使え、使い捨てじゃない

洗剤の使用を少なくできるので
環境にも優しい

鉄フライパンは、エコロジー(環境に優しい)でエコノミー(経済的)な、
エコのたくさん詰まった存在なのです!

実際に使う

私が鉄フライパンを使い始めたのは大学3年生の
秋です。

大学時代の私はペペロンチーノやローストビーフなど、
酒のつまみ料理作りに精を出していました。

そこで強火で炒められて
焦げ付いても再利用が出来るフライパンに
興味を持ったわけです。

鉄フライパンが特に強さを発揮するのは
炒め物です。

強火でサッと炒めることが出来るので、
野菜はシャキシャキ、水浸しにもなりません。

また、ステーキも超弱火でじっくりと焼き、
赤色を残しながら火を通すことが出来ます。

私は鉄フライパンを購入した自分に深く感謝し、
柔らかく仕上げたステーキを味わったのです。

まとめ

鉄フライパンは、
最初こそ少々手を加えなければなりませんが、
上手くできれば適当に扱っても
へこたれない”強い”調理器具です。

安いものならば1000円少々で買えてしまうので
ぜひ購入してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました